News Ticker

大分への帰省 その1

蒜山サイクリングの次の日、ちょっとダメージを受けている左足を引きずりながら実家のある大分へ帰省した
但し、今回は久々の途中で宿泊するパターン。
楽天トラベルのランキングでご飯の美味しい旅館を探して、予約していた。
場所は山口 湯田温泉。ここから約300kmの道のりである。
朝9時頃に赤穂を出発し、岡山を通過するまでは順調に進んでいたが、広島の本郷から西条の先までの約20kmの渋滞発生。
盆時期はここらへんでいつも渋滞する。
このまま待ってもストレスが溜まる一方なので、ナビとにらめっこしながら下道を走って行く。近くの国道2号は渋滞していることが予想されるので、最初は中国自動車道まで走ろうと思っていた。しかし、ちょっと遠すぎるので県道を選ぶ。
山の中を走って行き志和ICにて山陽自動車道に復帰した。その後は目立った渋滞もなく、山口市に15時に到着。旅館にチェックインするにはちょっと早いので、近くにある「秋芳洞」に行く。
前日のサイクリング時に、秋吉台に行くと言ったら、Yさんから「それなら鍾乳洞に行かねば」と言われ、カルスト台地の下にある秋芳洞を目的地に設定していた
外気温は35℃を超える猛暑。でも、鍾乳洞の中は17℃前後ととても涼しかった





鍾乳洞の中が非常に広くて、そして観光客が多くてびっくり。さすが山口にある有名な観光地の一つ。
また猛暑の中に戻り、旅館に向け出発。そして、温泉に入ったあとにおまちかねの夕食







量もちょうどよく、見た目も味も満足できる内容でした。
夕食も朝食も、両方共とても美味しかった。
大分への帰省 その2に続く。

良かったらぽちっとお願いします (゜_゜)では
にほんブログ村 自転車ブログ ロードバイクへ

にほんブログ村 猫ブログ アメショーへ

コメントを残す