自転車

まめいち

7月初めのある日

世の中にはいろんな「いち」があり、今回は「小豆島一周のイチ」のお話

 

小豆島は近いこともあり、もう何度も来ている。でもまだ完全一周はまだ。実は昨年の秋に「ほぼまめいち」を実行したが、フェリーの時間の都合により完全は断念していた。

この日は天気が良くなる日だと言うのがわかっていたので、完全を実行する良い日だった

で、日生港からフェリーに乗船

やはりCOVIDー19の影響で人は少なかった
しかも臨時ダイヤ設定で、往路は17時10分の便で決定だし

8時半頃着、17時10分頃発と言うことで時間的には十分余裕がある

ゆっくり走ることが出来そう。

洋上での天気はあまり良くなかった

天気予報では徐々によくなる方向だったが、この時点ではまだ曇り

まあ、曇りの方が走りやすくて良さそう。でも湿度が高すぎても気持ち悪苦なりそうでめげる

すぐにフェリーは出発

これから小豆島を時計回りに走り出す。やはり島は時計回りに走ることで海を近くに感じることができるので良い感じ

小豆島ならではの光景
島の北側には船が集まっていた
福田港
南風台

ちなみに日生港からのフェリーには自転車乗りが5名いた。

彼らとはその先全ての行程が同じだったんで、途中で写真を撮ったりしてる際に抜かれ、彼らが休んでいる時に抜いたりで、時々気まずくなったりしていた。

 

南風台を後にしたら、小豆島で一番人が少ない南西部に突入する

ここは本当に車も少なく、道も荒れていてあまり走るのはお勧めしない場所。でも、逆に自然は沢山ある

そうこうしているうちに南端は通り過ぎ、坂出港付近まできた

小豆島のグルメ情報を調べていたら、この近くの「大阪屋」と言うところで海の幸を食べることができる食堂があるみたい。でも、この日は休業だったらしく、お昼難民になりそうな雰囲気。

それを避けるために知ってる素麺屋に行こうとするも、その前に豆一を完璧にするために「折り返しが必要」な二十四の瞳方面へ

映画村よりもこっちがフォトジェニックな感じ

でっかいオブジェを堪能したのちは醤油の匂いを嗅ぎながら自転車を漕ぐ

醤油の町

さて、素麺である。

もう何年も前かに行った「生素麺を食べることができる場所へ、

なかぶ庵さん
生素麺

COVID-19対策をされていて、検温、食べている時以外はマスク、連絡先を記載。完璧です。マスク持っていってよかった。

そして、空腹に染み渡る生素麺。普段は素麺は食べないが、小豆島に来たら必ず食べてる。

ちなみにここでも件の5人組に会う。運命?

お昼難民にならずよかった。ということで後はひたすら走るだけ。

 

後は小豆島の左側。

こっちも自然がいっぱい。ただ、これまでに何度も走ったとこなんであまり感動もない

 

柱状節理な岩
海に向かう下り坂が好き

途中にこんな場所あった。

この後は豆一をちょっと外れて気になる場所に行く

そこは、某つむりさんが呟いていた「富丘八幡神社」へ。

ここも神社から海に向かう道が良いところ。

残念ながらこの日は天気が悪かった

天気が良い日に来よう

直前の急坂で足がつりそうになった… アブナイ

ここまで来たら残りを走るだけ。

でもフェリーの時間まで時間はいっぱいあるんでゆっくり走る。

そして、豆一完了。

1つのマイルストーンが完了。

今回は寒霞渓には上ってないし、上りたくもないけど小豆島は楽しい。また来よう

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です